ヨガビジネス成功の鍵は生徒さんの役に立つこと。生徒さんの役に立つとは?

「ヨガビジネスって難しくて、どう進めればいいのかわからない」
「ヨガビジネスって何をすればいいの」

そう感じているなら、ぜひこの記事を参考にしてください。すべてのビジネスに共通する根本を理解すれば、ヨガビジネスもスムーズに進めることができるようになりますよ。

ビジネスに共通するもの

ビジネスとは誰かのためにするものです。誰かの役に立つことで、その対価をいただく。すべてのビジネスの基本です。これはヨガビジネスも例外ではありません。

ビジネスは誰かの役に立つこと。だとするなら、ヨガビジネスは誰の役に立っているのでしょうか。それはレッスン料を支払ってくれる生徒さんです。生徒さんの役に立つヨガレッスンを提供するから、生徒さんはレッスン料を支払ってくれます。

では、生徒さんの役に立つとは具体的にどういうことなのでしょうか。ヨガティーチャーの仕事は、ヨガをお伝えすること。端的にいえばそうです。つまり、

生徒さんに対してヨガをするという「体験」を提供することで役に立っている。

そういう見方もできます。しかしヨガの仕事をそのように捉えているヨガティーチャーは、レッスンというほんの数十分間のことしか見ていません。ヨガティーチャーが行なうヨガビジネスは、それだけではなく、そこから先があるのです。

その先とは、ヨガティーチャーがヨガを伝えることで、生徒さんの人生がより良くなることです。ヨガを通してよりよい人生になっていく。人生がよりハッピーになっていく。そうした状況を提供することでヨガティーチャーは生徒さんのお役に立てるのです。そうなったとき、生徒さんは喜んであなたに対価(レッスン料)を支払ってくれるでしょう。

生徒さんのハッピー

ところで、よりよい人生とか、生徒さんのハッピーってなんでしょう。どうしたら生徒さんのハッピーに寄り添うことができるのでしょうか。

あなたのレッスンを受けること自体が生徒さんにとってのハッピー?

そういう生徒さんもいらっしゃるでしょう。あなたのことが大好きで、あなたと一緒にヨガができることが幸せ。そう感じる方も、いらっしゃると思います。

ただ、そうでない方もいらっしゃるでしょう。たとえば、

  • ヨガをして腰痛が良くなった実感があり、それが嬉しくて・・・
  • 悩んでいた冷え性がなくなって幸せ・・・
  • ストレスをあまり感じなくなり笑顔でいることが増えた・・・

このように、ヨガをすることでヨガ以外の時間にハッピーを感じる方がいらっしゃるのです。ヨガティーチャーが、そのことを想像できるかどうかです。

ヨガティーチャーは、ヨガレッスンの、その時間のことだけを考えがちです。でも、生徒さんからしてみると、ヨガレッスンは生活の中のひとつのポイントに過ぎません。日々の流れの中の、一週間に一度やってくる通過点にすぎないのです。

生徒さんにとっては、ヨガレッスンの時間以外が人生の大部分であり、その人生が大切なのです。ヨガレッスン以外の大部分を占める生徒さんの人生を、あなたがヨガを通してどうやってハッピーにしてあげられるか。笑顔にしてあげられるか。

そこに思いを馳せることができれば、あなたはきっと生徒さんのハッピーに寄り添い、生徒さんから、

あなたからヨガを教えてもらえて本当に幸せ

と喜んでいただける、そんなヨガティーチャーとして活動していけるでしょう。

まとめ

ビジネスとは誰かの役に立つことで対価をいただく行為です。すべてのビジネスで共通であり、ヨガビジネスも例外ではありません。ヨガビジネスにおいては、ヨガを通して生徒さんの人生がより良くなることで生徒さんの役に立つことができます。

自分の人生をよりハッピーにしてくれた人(ヨガティーチャー)には、きっと感謝の言葉とともにその対価を喜んで支払ってくれることでしょう。それがヨガビジネスです。

お知らせ:Zoomでヨガレッスン勉強会です(5/3)

「Zoomでヨガレッスン勉強会」を開催します!
オンラインでヨガレッスンを開催する方法をお伝えします。この勉強会自体もZoomを使ってオンラインで開催。Zoom初心者大歓迎、ヨガインストラクター以外の方も大歓迎です。

  • 日時:2020年5月3日(日)10:30am〜(45分間)
  • 参加費:200円(税込)

詳細はこちらです

関連記事

  1. ヨガティーチャーもタッチタイピングで効率アップ。生徒さんと向き合う時間…

  2. ヨガティーチャーのネットでの情報発信。その基本の基本

  3. 集客を一切しなくても成立するヨガビジネスを、実在のビジネスモデルを参考…

  4. 価格競争に疲弊しそうなヨガティーチャーへ。まったく異なるアプローチを考…

  5. 生徒さんに来てもらえるヨガクラスの考え方

  6. ヨガビジネスを守るためにヨガティーチャーが知っておきたい著作権のこと

最近の記事

■ブログ更新をメールでお知らせします。ぜひご登録を!

アーカイブ