ヨガレッスンをエンターテイメントに。生徒さんと一緒に楽しむヨガレッスンのつくりかた

人は楽しいことが大好きです。もちろん、あなたの生徒さんだってそうです。ヨガレッスンをひとつのショーだと考えてみましょう。それは生徒さんとあなたが一緒に楽しむショーです。ショーとして考えると、どんな楽しさを演出し、提供できそうですか。

今回の記事を読んで、ぜひそれを考えてみましょう。あなたの生徒さんも、そしてヨガインストラクターであるあなたも、きっと楽しくてワクワクしますよ。

ヨガレッスンをショーだと捉えてみる

ヨガレッスンは、見方を変えれば、ひとつのエンターテイメントとして捉えることができます。いらしていただいたお客様に、リラックスタイム、癒し、楽しさなどを味わっていただくショーです。ヨガティーチャーはそのショーの脚本家、演出家、舞台監督、そして演者でもあります。観客は生徒さん。

どんな舞台装置を使い、どのように演出をしてそのショーを盛り上げていくのか。それを決めるのはヨガティーチャーであるあなた。ショーの導入(つかみ)では何を伝え、中盤からクライマックスへとどう魅せていくのか。どのタイミングでどんなBGMを使い、照明はどうするのか。そんなことをすべて考えて、お客様に楽しんでいただけるショーをつくり上げるのです。

ショーのステージとなるのは、ヨガルーム全体。生徒さんがいる観客席はステージの一部でもあります。ショーの前にステージ(レッスン会場)の隅から隅まで見渡し、ステージとしてふさわしい状態になっているように気を配りましょう。

そしてショーの前には演者であるあなたの気持ちをつくっていきましょう。アーサナを取るのもいいですし、瞑想するのもいいですね。

そして開場。最初の生徒さんが会場に入られた時点からショーはスタートです。ここは間違えないでくださいね。ショーのスタートはレッスンがスタートした時点ではありません。最初の生徒さんがいらしたときです。つまり最初に会場に足を踏み入れた生徒さんは、もうショーを体験しています。

生徒さんが集まり始め、レッスンのスタートを迎えるまでの時間。それはあなたのショーのオープニング。さぁ、あなたはどのようにオープニングを演出し、どのように演じますか。それはつまり、どのように生徒さんたちをお迎えするのか、ということです。

定刻となり、レッスンを開始。ヨガを存分に楽しんでいただくために、あなたはどんな演出をしますか。

レッスンが進み、やがてレッスンは終了します。しかし、ショーはまだ終わっていません。ここからがエンディングの部分です。レッスンを終え、挨拶を交わし解散となるわけですが、最後の生徒さんが会場から出るまで、ショーは終わりません。最後の最後まで気を抜かずに生徒さんにエンターテイメントを楽しんでいただくのです。

くれぐれも、レッスンを終えた途端に、つまり、まだショーの途中なのに舞台裏を見せてしまうことのないように、最後まで演じきりましょうね。


さぁ、あなたはどんなショーをつくりあげますか?

発展させると

プロローグ

最初の生徒さんがいらした時点がショーのスタートだといいました。それをもっと発展させて、これにプロローグをつけると考えてみましょう。プロローグとは物語が始まる前の、前置き的なお話のことです。

それもあなたのショー(ヨガレッスン)の一部だとしたらいかがでしょうか。ヨガレッスンを明日に控えた生徒さんに、プロローグをお届けするとすればなにができますか。たとえば、

明日はこんな内容のレッスンをするので、ぜひ楽しみにしていてくださいね。

などなど。

それ自体をエンターテイメントの一部だと考えたら、あなたはどんなことができそうですか。

エピローグ

逆にすべての生徒さんが会場を出られたあともあなたのショーが継続しているとしたらどんなことができるでしょう。それはつまり、エピローグです。エピローグとは物語が終了した後の後日談的なもののこと。

それもあなたのショーの一部だとしたら。たとえば、レッスンのが終わってから、その日のレッスンに関連したメッセージを送るとか。

今日はぜひシャワーではなくお風呂に入り体を温めてからお休みになるといいですよ。今日のレッスンではふくらはぎをたくさん使いましたから、ふくらはぎをもみほぐしておくと、明日きっとスッキリですよ。

といったメッセージをお送りするとか。こうすることで、生徒さんはよりあなたのレッスンを楽しむことができますね。

さらに発展させると

プロローグ(前置き的な話)をもっと前から、そしてエピローグ(後日談的な話)をもっと先まで続けるとどうなるでしょう。いつしかプロローグとエピローグが交差してショーは切れ目なく続くことになります。

そう、つまり生徒さんの中で、あなたのショーがずーっと続いている状態です。そのように考えれば、ずーっとあなたのショーで生徒さんを魅了し続けることができます。もしそうであるなら、あなたはどんなプロローグ、エピローグを用意して観客である生徒さんを楽しませつづけますか。

ぜひ考えてみましょう。

まとめ

ヨガレッスンをエンターテイメントのショーだと捉えたとき、生徒さんを魅了するための演目、演出、舞台効果などを決めるのはヨガティーチャー、ヨガインストラクターであるあなた。レッスンの最初から最後まですべてのシーンで気を抜かず、観客を楽しませるショーにしましょう。

そこにエピローグとプロローグを加えて、ずっとあなたのショー(ヨガレッスン)を楽しんでいただけるように考えてみましょう。

お知らせ:Zoomでヨガレッスン勉強会です(5/3)

「Zoomでヨガレッスン勉強会」を開催します!
オンラインでヨガレッスンを開催する方法をお伝えします。この勉強会自体もZoomを使ってオンラインで開催。Zoom初心者大歓迎、ヨガインストラクター以外の方も大歓迎です。

  • 日時:2020年5月3日(日)10:30am〜(45分間)
  • 参加費:200円(税込)

詳細はこちらです

関連記事

  1. インプットは十分にできているはず。それをアウトプットするのがヨガティー…

  2. ヨガレッスン初参加の方を不安にさせない。それがリピートにも繋がります

  3. いまこそ、オンラインでヨガレッスン!

  4. デビューしたてのヨガティーチャーへ。レッスンのクオリティーを劇的にアッ…

  5. 誰にでもできる一番簡単なヨガの集客法。それはヨガティーチャーが楽しむこ…

  6. ヨガビジネスの進むべき方向。その核となる、たったひとつのこととは

最近の記事

■ブログ更新をメールでお知らせします。ぜひご登録を!

アーカイブ