誰にでもできる一番簡単なヨガの集客法。それはヨガティーチャーが楽しむこと

「ヨガレッスンの集客が苦手」
「生徒さんに楽しんでもらえるヨガレッスンにするにはどうすればいいのだろう」
「どうしたら魅力的なヨガクラスにできる?」

今回はこのように感じているヨガティーチャーに、その悩みから開放されてほしいという願いを込めて、この記事をお届けします。

すぐできることなので、ぜひ次のヨガレッスンから実践してください。きっとクラスの雰囲気の変化を感じられるでしょう。

楽しさオーラ

私は以前シナリオライター養成スクールに通っていたことがあります。脚本家を目指す人たちが通う学校です。

どのスクールにするかを決める前、何ヶ所か見学に行きました。生徒数が多い有名な学校だったり、コンテストに入選するような優秀なシナリオライターを輩出する学校、やけに上から目線な先生がいる学校など、いろいろなスクールがあり、それを見て回るだけでも楽しかったです。

そんな中、あるスクールでの体験レッスンでのこと。その先生が、なんだかやけに楽しそうだったことが印象的でした。女性の先生でした。たぶん人が好きで、教えることも好き。もちろんシナリオを書くことも好きなんだろうなっていうのがひしひしと伝わってきます。楽しさのオーラが出てるんですよね。

その先生のレッスンを体験し、説明を聞いて帰り、自宅で検討して・・・、やっぱりその先生の「楽しさオーラ」が気になって、結局そこに決めました。あの先生みたいに楽しく脚本が書けたらいいな、きっと脚本を書くことの楽しさも教えてくれるんだろうな、なんて思いながら。

楽しさを表現

ヨガティーチャーとして活動しているあなたは、いかがでしょう。ヨガが好きで、ヨガをやってて楽しいな、と感じていますか。ヨガを伝えること、生徒さんの前でヨガを教えることが楽しいと感じていますか。もしそう感じているなら、ぜひそれを表現しましょう。

生徒さんに楽しんでもらうためには、まずヨガティーチャーがその場を楽しむことです。目の前の先生がとても楽しそうにヨガをしている、楽しそうにヨガを伝えている。するとそれを見る生徒さんも楽しくなってきます。そうすればヨガをもっと好きになってくれるかもしれないし、きっとあなたのこともより好きになってくれるでしょう。

日本人は自分を表現したり、感情を表に出すのが苦手と言われます。でも、ヨガティーチャーであるあなたが、ヨガが楽しい、ヨガが好きと感じているなら、ぜひそれを表現しましょう。そのことによって生徒さんが楽しくなり、その姿を見たヨガティーチャーがまたまた楽しくなる。そんなステキなプラスの循環を生んでいきます。

周囲に伝搬

すると、それははたから見ている人たちにも伝わります。ヨガスタジオから何やら楽しそうなオーラが出ている。あそこのヨガレッスンに来ている人たちはみんな楽しそうだ。なんかあるのかもしれない。一度行ってみようかな。このように楽しさの雰囲気が外ににじみ出るのです。

あるいは、通ってくれている生徒さんが、自身の生活の中で周囲の人たちに、そうしたヨガの楽しい雰囲気を振りまいてくれるのです。

その雰囲気に誘われて、一度体験にいらしてくれて、そこでヨガやあなたのクラスの楽しさを感じていただければ、きっとあなたのクラスに通い続けてくれる生徒さんになってくれるでしょう。

だから、まずはヨガティーチャーであるあなたがヨガレッスンの場を楽しむことが大切なのです。

まとめ

人は楽しいことが好きです。ヨガティーチャーがヨガを伝えることを楽しんで、そしてそれを表現すれば生徒さんも楽しくなります。ヨガレッスンが毎回楽しければ、生徒さんは通い続けてくれます。

そして、そのヨガレッスンの楽しいという雰囲気は、外へとにじみ出て、それが新たな生徒さんを引き寄せてくれます。ですから、ヨガティーチャーがレッスンを心から楽しんで、それを表現することがすでに集客となっているのです。

お知らせ:Zoomでヨガレッスン勉強会です(5/3)

「Zoomでヨガレッスン勉強会」を開催します!
オンラインでヨガレッスンを開催する方法をお伝えします。この勉強会自体もZoomを使ってオンラインで開催。Zoom初心者大歓迎、ヨガインストラクター以外の方も大歓迎です。

  • 日時:2020年5月3日(日)10:30am〜(45分間)
  • 参加費:200円(税込)

詳細はこちらです

関連記事

  1. 生徒さんの前であがってしまうヨガティーチャーでも、リラックスしてレッス…

  2. ヨガレッスンをエンターテイメントに。生徒さんと一緒に楽しむヨガレッスン…

  3. ヨガティーチャーが生徒さんに寄り添うこと。それは生徒さんのハッピーを想…

  4. チャレンジングな仕事が、ヨガティーチャーを成長させるのです

  5. いまこそ、オンラインでヨガレッスン!

  6. ヨガビジネスの進むべき方向。その核となる、たったひとつのこととは

最近の記事

■ブログ更新をメールでお知らせします。ぜひご登録を!

アーカイブ