集客を一切しなくても成立するヨガビジネスを、実在のビジネスモデルを参考に考えてみよう

「ヨガビジネスで、できれば広告宣伝はしたくない」
「広告宣伝せずにヨガビジネスはできないの?」

広告宣伝を一切しなくても、いつも賑わうイベントが実在します。広告宣伝をする必要がないというよりも、広告宣伝をしないというポリシーが、そのイベントの主催者にはあるそうです。ヨガレッスンもそんなふうになったらいいですよね。

さて、広告宣伝を一切せずに、人のつながりだけで成立するヨガレッスンがあるとすれば、それはどんなレッスンでしょう。今回は実在するビジネスモデルを参考に、あなたのヨガレッスンの集客について一緒に考えてみましょう。

イベンターKさんのビジネスモデル

以前、とあるイベントに参加しました。イベントの内容は、ソムリエが厳選したワインを飲みながらワインの解説を聞き、そのワインにマッチする料理をいただく。いわゆるワイン会ですね。

主催は友人のKさん。Kさんのイベントにはこれまでも何度か参加させてもらってます。シェフを招いてタイ料理のつくり方を学んだこともありました。わたしも前職の色彩の専門家としてカラーコーディネートの話をKさんのイベントでしたこともあります。イベント会場が少々遠方なのですが、それも気にせず参加します。

なぜ、こんなに気分よく参加できるんだろう

これを考えてみました。ひとつは、Kさんのサービス精神。イベント前の案内から、イベント開催中の気配り、アフターサービスもGoodです。それに加えて、Kさんのイベントに参加する人がステキな人ばかりなのです。

Kさんは参加者を一般募集しません。ネットで集客をせず、広告宣伝なども一切していないのです。それなのに、素晴らしい人たちでいつも賑わっています。

Kさんのビジネスモデルはこうです。これまでの参加者の中から、次回のイベントが好きそうな人に連絡をして参加を呼びかけます。たとえば、ワインが好きな人にはワインがテーマのイベント、タイ料理が好きな人にはタイ料理をワイワイつくってみんなで食べるイベント。

そして、イベントに参加する皆さんが気持ちよく過ごせるよう、参加者同士の組み合わせにも気を配ります。この人とこの人はきっと気が合うはずだからお誘いしてみよう、とか。参加者の趣味を控えておいて、他のメンバーの中から同じ趣味の人をイベントに呼び、機会(出逢い)をつくってくれたり。そんなふうにして集まった皆さんだから、気分よく過ごせるんだと思います。

そして、ほぼ毎回 「はじめて参加しました。友人に誘われたので」 という方がいらっしゃいます。

「楽しい会があるから来てみたら?」

と、友人を誘ってきてくれるんだそうです。するとそこでまた輪が広がっていきます。新しく来てくださった方がイベントを気に入ってくれて、さらにそのお友だちをまた紹介してくれて。Kさんはこうして、一切広告宣伝をすることなく毎回盛況のイベントを開催しています。

逆に、一般募集や広告宣伝をしないのがKさんのポリシーなのです。その理由は、宣伝をするとイベントの趣旨に外れた好ましくない人も来てしまい、そうなると他の方が気分よく参加できなくなる可能性があるからだそうです。だから、kさんのイベントはすべてつながり(口コミ)で参加する人だけなのです。広告宣伝には手間やお金をかけず、その分より良いイベントづくりや参加者へのケアに労力を注いでいるのでしょう。

また、他のイベントにもでかけたりして、より良いイベントづくりのためのインプットも精力的にしているとKさんは話してくれました。

  • 良いイベントだからリピートする
  • 良いイベントだから知人を紹介する
  • その結果、広告宣伝に手間や費用を掛ける必要がなく、イベントをより良くすることに注力できる
  • だから、さらにリピーターが増えるし、紹介も増える

素晴らしいビジネスモデルですね。このモデル、ヨガレッスンに応用するとどうなるでしょう。

ヨガレッスンと、イベントとは別物だよ。だからヨガではそのビジネスモデルは成立しないよ

そう思う方、いらっしゃいますかね。本当にそうですか。実は先日Kさんから、Kさん主催でヨガイベントもしましょうとお声をかけていただきました。Kさんにとっては、ワイン、タイ料理、カラーコーディネート、ヨガ。みんな同じなんですよね。だから、ヨガビジネスでできないはずがないのです。

ヨガビジネスへ転化するためのアイデア出しを

では、これをヨガビジネスに適用することを考えてみましょう。Kさんのビジネスモデルを整理すると

  • 一般への宣伝広告をしない
  • 人のつながりだけで集客をする
  • これまでの参加メンバーが好むイベントを開催する
  • そのイベントで人のつながりが起きるように演出する

そして、これを総括すれば、楽しいイベント、満足できるイベント、また行きたいと思うイベント、友だちも誘いたくなるイベント。そんなイベントを開催することが鍵だとわかります。

これをヨガビジネスに当てはめると、どんなヨガレッスンになるでしょうか。つまり、満足できるヨガレッスン、また行きたいと思うヨガレッスン、友だちを誘いたくなるヨガレッスンです。こうしたヨガレッスンが成立することを前提としたとき、どんなレッスンができそうですか。

もちろん、これまでの参加メンバーが好む趣向を凝らしたヨガレッスンもそうですし、人のつながりが起きるようなヨガレッスンもそうです。

正解はありません。ですから、ここで○○すると良い、とか、△△するのが正解とはいいません。あなたなりにどんどんアイデアを出して、それを実践することです。その中からあなたなりの正解が出てきます。

ぜひあなたなりのプランを考えてみましょう。楽しみながらワクワクしながら、アイデアをノートに書いてみましょう。書けたらさっそく実践ですよ。

まとめ

広告宣伝を一切しなくても盛況となるイベントが存在するのだから、広告宣伝を一切せずに満席となるヨガレッスンもあるはず。それは、

  • 満足できるヨガレッスン
  • また行きたいと思うヨガレッスン
  • 友だちを誘いたくなるヨガレッスン

これを追求していけば、集客で悩む必要のないヨガビジネスが実現します。そのためにあなたは何ができそうですか。アイデアを出し、ぜひそれを実践しましょう。

こちらの記事も参考にどうぞ。

お知らせ:Zoomでヨガレッスン勉強会です(5/3)

「Zoomでヨガレッスン勉強会」を開催します!
オンラインでヨガレッスンを開催する方法をお伝えします。この勉強会自体もZoomを使ってオンラインで開催。Zoom初心者大歓迎、ヨガインストラクター以外の方も大歓迎です。

  • 日時:2020年5月3日(日)10:30am〜(45分間)
  • 参加費:200円(税込)

詳細はこちらです

関連記事

  1. ヨガビジネスのWebサイト&ブログ。その方針は意外なほどシンプル

  2. 生徒の立場に立つことは簡単。かつてあなたも生徒だったから

  3. QRコードでヨガティーチャーへのアクセスを増やす方法

  4. 使い勝手と安全性と、WordPressのテーマを選ぶ基準

  5. 突然ブログが消えた!そんな事態に備えヨガインストラクターが取るべき対策…

  6. 「善は急げ」はヨガビジネスにも通ずる

最近の記事

■ブログ更新をメールでお知らせします。ぜひご登録を!

アーカイブ