生徒の立場に立つことは簡単。かつてあなたも生徒だったから

  • 生徒さんに選ばれるヨガティーチャーになるにはどうすればいいの
  • 生徒さんは何を基準にヨガティーチャーを選ぶんだろう
  • 生徒さんの立場に立つって難しい

こうした考えは不要です。なぜなら、あなたも生徒さんだったことがあるはずだから。今回の記事では、生徒さんの立場に立つことについて考えてみたいと思います。きっと、あなたのヨガクラス運営に役立つでしょう。

客側の体験

私は、以前Webデザインのスクールに通ったことがあります。受講を決めるまでに、いくつかのスクールの説明会に参加しました。

自分がヨガスクール(RYT200取得のためのTTC)に携わる立場でもあるので、コースの内容を聞くこと以外にも、スタッフの対応や説明のしかた、受講生へのサポート内容など、勉強をさせてもらいました。

加えて、自分が何を基準に決めるのか、どうしてそのスクールが「いい」と思うのか、逆にどうして「よくない」と感じるのか。自分自身のそうした感覚を観察もしました。そこに、選ばれるスクールになるためのヒントがあると思ったからです。

ビジネスのシーンでは、お客様の立場で、とか、お客様の視点で、などといいます。Webスクールを検討する際、私自身がそのお客様そのものでした。

どのようなスクールを選ぶのかを、当事者(お客様)として体験しているわけですから、それはとても貴重なものでした。その体験から様々なことが学べました。

あなた自身の体験

ヨガティーチャーのあなたもかつて生徒だったことがあるはずです。ぜひそのときの体験を、いまのティーチャー活動に活用しましょう。

たとえば、何がきっかけで、その体験レッスンを受けてみようと思ったのか。そして、実際に体験レッスンを受けてみて感じたこと。引き続きレッスンに通うことを決めたのなら、何が良くてそのレッスンに通うことにしたのか。あるいは、もし通うことを断念したとしたら、何が合わなくてそのレッスンに通わなかったのか。

そうしたことを、思い出して書きだしてみましょう。あなたが、そのレッスンやその先生を選んだのには理由があるはずです。

たとえば

  • 対応がすごく良かったから
  • 先生の声と笑顔がステキだったから
  • みんなが楽しそうだったから

など。

逆に選ばなかったことにも理由があるはずです。

たとえば、

  • 会場や更衣室がきれいではなく、快適ではなかったから
  • 先生の声が聞こえづらかったから
  • 先生が特定の数人の生徒とだけ話していて疎外感を感じたから

など。

まさにそれが「お客様の視点」ですね。もしかしたら、その理由の中には、なんとなくといったフィーリング的な漠然としたものもあるかもしれません。しかしあえてそれを言語化して書き出しましょう。

かつて生徒だったあなたは、お客様の立場でした。その経験を最大限に活用しましょう。あなたがそこで感じたことが、生徒さんに選ばれる理由、選ばれない理由になるのです。

ヨガレッスンでなくても

このことはヨガレッスンだけに限りません。私がWebデザインスクールで体験したように、あなたがかつて通った習い事。たとえばテニススクール、ゴルフスクール、お料理教室、英会話など、あらゆるところで体験できます。あるいはカフェやレストランでのおもてなしでも。普通のお店の接客でも。

あなたが選んだ、あるいは選ばなかったという体験を通して、学ぶことができるのです。選ばれるヨガティーチャーになるために、ぜひその機会を活かしてください。

まとめ

生徒さんの立場に立つことは難しくありません。かつてあなたも生徒さんだったから。そのときに感じたことを書き出して、現在のヨガビジネスに役立てましょう。

ヨガレッスンでの体験に限らず他の習い事や、ショップで受けた接待などもヒントにしましょう。それが選ばれるヨガティーチャーになるための施策のひとつです。

お知らせ:Zoomでヨガレッスン勉強会です(5/3)

「Zoomでヨガレッスン勉強会」を開催します!
オンラインでヨガレッスンを開催する方法をお伝えします。この勉強会自体もZoomを使ってオンラインで開催。Zoom初心者大歓迎、ヨガインストラクター以外の方も大歓迎です。

  • 日時:2020年5月3日(日)10:30am〜(45分間)
  • 参加費:200円(税込)

詳細はこちらです

関連記事

  1. ヨガインストラクターのブログ活用、仕事編

  2. WordPressで書いたブログ記事中の告知を、最新に維持する方法

  3. ヨガインストラクター養成コースでの学びの質をさらに高める方法

  4. ヨガインストラクターのネット集客、どのSNSを使えばいいの?

  5. ライバルとの競い合いをやめる。競争しないのがヨガのビジネスですから

  6. 価格設定に悩むヨガインストラクターへ、レッスン料のシンプルな決め方

最近の記事

■ブログ更新をメールでお知らせします。ぜひご登録を!

アーカイブ