ヨガビジネスのWebサイト&ブログ。その方針は意外なほどシンプル

ヨガビジネスのWebサイトやブログを書く際のポイントは、とてもシンプルです。

ブログにどんなことを書けばいいか迷っているなら、ぜひ今回の記事を参考にしてください。きっと、ブログやWebサイト運営の方針が明確になっていくでしょう。

お気に入りのサイト・ブログ

あなたには、お気に入りのWebサイトやブログはありますか?よく見るブログ、ホームページなどです。どんなページか思い出してみてください。そして、なぜそれがお気に入りなのか、どうして頻繁に訪問するのかを考えてみてください。

「お友達だから」

もちろん、それもあるでしょう。では、お友達以外ではどうでしょう。お友達以外でよく見るWebサイトやブログはありますか。もし、ないという方は、どんなサイトだったら頻繁に見るかな、と想像してみてください。

たとえば、

  • 楽しいから
  • おもしろいから
  • ためになるから
  • 役立つから
  • お得だから

きっと、そのような理由があるのではないでしょうか。つまり、そこにメリットになる情報があるから訪問するのだと思います。生徒さん(将来の生徒さん含む)が、あなたのWebサイトやブログを訪れてくれる理由も同じです。そこに生徒さんにとってメリットになる情報があるからです。

ヨガについての、

  • 楽しい
  • おもしろい
  • ためになる
  • 役立つ
  • お得な

そういった情報があるからこそ、訪れてくれます。

ヨガレッスンの告知があるから、宣伝があるから、だからWebサイトやブログを訪れるということではないのです。ヨガレッスンの生徒さんを増やすために運営しているWebサイトやブログではありますが、宣伝告知ばかりではその目的は達成できないのです。その点がジレンマですね。

しかし、これはおそらく事実です。ヨガビジネスに活用するWebサイト・ブログなのだから宣伝がメイン。その考えでは、訪問者数は増えないのです。

あくまでも、役立つ情報、ためになる情報、得する情報があることが大切です。ヨガティーチャーとして、仕事用のWebサイトやブログを持ったときには、ぜひこのことを意識しておきましょう。

ポイントはヨガに特化

そして、ポイントは『ヨガについての情報』に特化することです。

旅行についてのためになる情報を書いたとしても、旅行好きの人は見てくれるかもしれませんが、ヨガをしたいという方は見てくれません。

ヨガビジネスのツールとして活用するのであれば、それでは意味がありませんね。「ヨガについての情報」であることが大切です。

もし、旅行のことやペットのこと、日々の日記的なことを書きたいのであれば、それは別のブログなどに書きましょう。

仕事として、ヨガビジネスのためのツールとして活用するなら、ヨガ情報に特化するべきです。

ヨガレッスンでも同様

このことは、あなたのヨガレッスンにも当てはまります。

つまり、

  • 楽しい
  • おもしろい
  • ためになる
  • 役立つ
  • お得な

そんなヨガレッスンに生徒さんは集まります。

同じ内容、同じ金額のレッスンであるなら、楽しい、おもしろい、ためになる、役立つ、お得な情報が得られる、そんなレッスンの方が参加していただきやすくなります。あなたが生徒さんだとしても、やっぱりそういうレッスンに参加したいと思うのではないでしょうか。

ヨガティーチャーとしてブログやサイトを持ったとき、そして、レッスンをする際には、ぜひこれらのことを意識してくださいね。

まとめ

今回の内容をまとめるとこのようになります。

  • ヨガビジネスに用いるサイトやブログはヨガに特化させる
  • 他の内容は別ブログへ
  • 読者に有益な情報を発信し続けることで読者は増えていく
  • ヨガレッスンも同様のアプローチで実施する

お知らせ:Zoomでヨガレッスン勉強会です(5/3)

「Zoomでヨガレッスン勉強会」を開催します!
オンラインでヨガレッスンを開催する方法をお伝えします。この勉強会自体もZoomを使ってオンラインで開催。Zoom初心者大歓迎、ヨガインストラクター以外の方も大歓迎です。

  • 日時:2020年5月3日(日)10:30am〜(45分間)
  • 参加費:200円(税込)

詳細はこちらです

関連記事

  1. 使い勝手と安全性と、WordPressのテーマを選ぶ基準

  2. WordPressで書いたブログ記事中の告知を、最新に維持する方法

  3. ネットでもリアルでも、ヨガインストラクターが高評価をもらう奥義

  4. ここさえ間違えなければ大丈夫。ヨガティーチャーの本分

  5. ブログに悩むヨガティーチャーへ、記事作成の簡単手法

  6. 今後の流れを捉えたヨガインストラクターのマーケティング

最近の記事

■ブログ更新をメールでお知らせします。ぜひご登録を!

アーカイブ